TOPページ >> 理想の家づくりガイド >> ハウスメーカー・工務店の選び方
これから注文住宅を建てる人のための
理想の家づくりガイド
  • ハウスメーカー・工務店の選び方

ハウスメーカーや工務店を選ぶ際には幾つかのポイントがありますが、実際に注文住宅を建てた人のアンケート結果で一番多い答えはハウスメーカー、工務店の「信頼性」です。
「信頼性」と一言にいっても「ネームバリュー」「商品の品質」「口コミや紹介」など色々ありますが、一番大切なのはハウスメーカー、工務店の営業マンや設計士、現場監督と言った実際に相対する「人」です。

ハウスメーカーや工務店の担当者が信頼できる人であるかどうかが、家づくりでは非常に重要になってきます。
今回は、その見極め方についてご紹介します。

1.家づくりの「要望」をきちんと聞いてくれる
2.「要望」に対し、社内で共有されている
3.自社商品の「メリット、デメリット」と「できること、できないこと」を説明してくれる
4.費用についてきちんと説明してくれる

1.家づくりの「要望」をきちんと聞いてくれる

お客さんのことを第一に考えているハウスメーカー、工務店であれば、まずは要望をきちんと聞いてくれます。
いくつか気になるハウスメーカーや工務店から最初にプランを出してもう際には、きちんと要望が反映されているかどうかを確認しましょう。

例えば、こちらの要望として「広いリビング」「お父さんの書斎」「開放感のあるバルコニー」「アイランドキッチン」と出したとします。
しかし中には一部の要望が反映されていないプランを出してくるハウスメーカーや工務店があります。
要望が必ずしも反映されていないことが悪いということではなく、「何故、この部分は反映されていないのか」や「別の形で要望を実現した」など、明確に理由を言ってくれるかどうかが判断の材料となります。

理由を説明してくれる建築会社は、お客さんの「要望」をきちんと聞いた上で、お客さんのことを考えもっと他の形で実現した方が良いとか、例えば予算的に実現が厳しい、土地の形状的に難しいなどの現実的な部分での判断をしてくれています。
要望は全部リストで書いておいて、それらが反映されているかどうか、反映されてない場合は何故なのかをチェックすると良いでしょう。

2.「要望」に対し、社内で共有されている

契約後、家づくりの打ち合わせが始まると、ハウスメーカーや工務店の営業スタッフ、設計士、インテリアコーディネーター、現場監督など色々な人と話す機会がでてきます。
その際に意外と起こりえるのが、以前営業スタッフに話した内容が設計士に伝わってなかったためもう一度説明する必要があったり、設計段階で話していた内容と一部違う内装になっている、などです。

家づくりに携わる人も人間なので、全て完璧に把握できる訳ではありませんが、情報が正しくハウスメーカーや工務店内で共有されていないと要望通りの家ができませんし、工程が進んだ後では変更できないということもあるので、社内できちんと共有されているかどうかは非常に大事になってきます。

社内で情報が共有されているかどうかの見極め方は、最初に出てきたプランに要望が反映されているかどうかでわかります。
通常、お客さんと最初に会うのは営業スタッフであり、その営業スタッフに色々と要望を伝えると、営業スタッフから設計士に要望が伝わり、プランを出してくることがあります。
(※営業スタッフがヒアリングから最初のプラン出しまで一人で行うこともあります。) ここで最初に伝えた要望がプランに反映されていることと、プラン説明が要望に沿ったものであれば、営業担当者と設計士が連携できていると言えます。
そのためにもやはり最初のプラン提示の段階で、きちんと要望が反映されているかを確認しておきましょう。

3.自社商品の「メリット、デメリット」と「できること、できないこと」を説明してくれる

全てが完璧な家、完璧な設備というハウスメーカー、工務店はありません。最初の段階できちんとメリット、デメリットを説明してくれることが重要となります。

ハウスメーカー、工務店の営業スタッフとしては自社の建てる家の良さを伝えたいので、自社商品の優れた点を中心に話してくることが一般的です。しかし実際には本やネットで情報を探すだけでも、必ずどんな工法、建材、設備にも良い点と悪い点があることがわかります。ハウスメーカーや工務店のスタッフと話す機会があったら、勧められた工法や建材、設備などのデメリットや懸念点がないかをあえて確認してみましょう。
また、予算、法令、構造上の問題で、できること、できないことが当然ありますので、これもきちんと説明してくれるかどうか確認しておきましょう。

その場では確認しづらいということであれば、後からメールなどで聞いてみるのも良いでしょう。
信頼できるハウスメーカー、工務店であればきちんと説明してくれるでしょう。

4.費用についてきちんと説明してくれる

他の記事でも書きましたが、注文住宅の購入には本体価格だけでなく色々な費用がかかってきます。

最初の段階で、地盤の調査やオプションの追加などによって費用が変動してくること、また、外構費用、電気、ガス、水道などの引き込み工事費なども必要であることをきちんと説明してくれるかどうか確認しておきましょう。

信頼できるハウスメーカーというのはやはり「正直」なハウスメーカーであると思います。ハウスメーカー選ぶ際のポイントとしていただければと思います。